手作りパン教室Runrunホームページへ

1月27日

f0196800_1447457.jpg今日は母の命日である。
12年前の今日だった。今年は13回忌の年である。父親の7回忌と重なっている…。
いつもは普通の墓花を飾るけれど、命日や今は気が向くときは白の菊を3本入れる。
これは細木流の墓参りの方法で…一時は毎週必ず白菊計6本を持参していた。
墓前で涙を流すことはそんなになくなったけれど…今日はいろんな気持ちからいつも唱える「般若心経」が涙で言えなかった。このこみ上げる思いは何だったろう?
きっと父のときは生前に精一杯、親孝行として、看護をしたつもりでいて、後悔はないけれど、母のときは私はまだ結婚前で若かった…何一つ心の支えにも実際の用事もすることなくただ悲しんでいたらあの世へいってしまったからか?今でも母の命日のときのほうが、気持ちがぐっと来ることが多い…。
誰だって生まれたときから死に向かって生きているのだから…
そして誰だって一人で生きているのではないし、支えてもらって生かされているのだから…
自分に偽りのない、まっすぐなきもちにぶれがなく、生活したい。
[PR]

by runrun1118 | 2010-01-27 14:48 | 日常(無常) | Trackback

トラックバックURL : http://runrun1118.exblog.jp/tb/12732216
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。